食べて寝て・・・ひきこもる
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
ようやく読了

  

やっと読み終わりました。
面白かったんだけど、何故か時間がかかってしまった。
映画の『貞子3D』の原作、と言うことになっていますが登場人物の名前が同じなだけで
内容は全くの別物です。カマドウマとは違う。

リングらせんループバースデイを読んだことが前提になっている・・・かなあ。
ラストの方はループを読んでいないといまいちわかりづらいかも知れない。
短編集であるバースデイを除いてリング3部作なわけですが、それらも前を読んでないと
わからないことだらけですからね・・・。
感想を書くとネタバレしそうなので詳しくは書けないのですが、考えれば考えるほど複雑。
らせんに登場した男の子が成人して、恋人との間に子どもが出来て・・・なんですが、
この男の子孝則と、恋人の茜。
最後の方でシリーズ全てに登場したとある人物が現れて、2人を祝福する訳なんですが、
いや・・・いくらあなたがそう言っても、孝則は子どもの頃に1度死んでいて、高野舞が産み落とした
甦った貞子の子宮から生まれているわけでね。相手である茜もまた、その甦った貞子の子だから。
要するに、2人とも普通の人間ではないわけよ。あなたの子だと言っても、あなたも死んでる
(ループの二見馨なんだけど、うーん・・・ややこしい)んだから。

・・・自分の頭の整理のために書いておきたかったので書いてしまいました。
けど、あまりにもネタバレなので、反転ね。
このエスは賛否両論あるでしょうが、私は楽しく読めました。
もう1度リング、らせんが読みたくなったなあ。
ループは悪いとは言わないけど、前半部分があまりにも冗長すぎる気がして、読み返したくない。
エス、エピローグを読むとまだ続きがありそうな雰囲気です。
鈴木さん、また『お金が大好きなんですね』と言われないような続きを書いて下さい。

個人的に怖かったのが

  

この中扉。
表紙と同じ写真なんだけど、縦に引き延ばしてあるのがもの凄く不気味 装丁者に拍手。
18:48  comments(2) -
読書の春

先週図書館で借りてきた4冊。

 

左上から時計回りにモンタギューおじさんの怖い話11 eleven和菓子のアン人形の部屋
ちなみに、『もんたぎゅー』と打って変換したら『門田牛』と出てきて笑ってしまいました。和牛?
これだけ児童書ですね。ぱらぱら見てたら面白そうだったので。
大体図書館に行くときは、目当ての本があったり、予約していた本が入った時なのですが(近所の
図書館はこども図書館なので、予約してよその図書館から送ってもらうのです)、今回は出会いもの。
『和菓子のアン』は以前から読みたかった本なので、大人向けが少ないこの図書館にあって嬉しかった。

今読んでるのは『11 eleven』津原泰水さんの本ですね。
この方は出身がコバルト文庫だったかなあ・・・その後ホラー大賞か何かをとって転向。
ジャンルを無理矢理つけるとすると・・・幻想小説でしょうか。
ホラー大賞をとった『玩具修理者』を読んで以来ですが、変わらないなあ、と思います。
日常ではない、わかりにくい話ばかりで、なんだか気持ちが悪くてざわざわする感じ。
嫌いではありません。
ちょっと読むスピードが落ちているので、今週中に全部読むのは無理かもなあ。

ただいま公開中の『貞子3D』とは違う話のようですが、リングシリーズの原作者、鈴木光司さんの
エスが出ましたね。
詳しいことがどこにも載ってなかったのですが、amazonにちらりと主人公が『安藤孝則』だと。
安藤?『らせん』の安藤医師と何か関係が?まさか・・・と思ったらそのまさかで息子ですね。
息子・・・『あの』息子かあ・・・ある意味『貞子の息子』とも言える。
リングシリーズは原作と映画版では結構違う部分が多く、映画では純然たるホラーですが、
原作の『リング』『らせん』『ループ』の3部作、短編集の『バースデイ』はそれぞれ、
ホラーミステリ、医療ホラーサスペンスミステリ、SF、後日談etcとなっています。
『ループ』が映画化されなかったのは、『ホラー押し』することができない作品になっているから。
ぶっちゃけ・・・原作のリングでは貞子はテレビから出てきません(笑)。
私は映画版よりも、高橋克典主演(映画では松嶋菜々子。原作では男性です)のドラマが好きでした。

iPodを買ったときに、すでにオタク友達状態の店員さんであるAくんと何故かホラーの話になって、
ホラーは苦手だそうだけども、なんと、彼も全て読んでいることが判明(『ループ』まで読んでる人に初めて会ったよ)。
『あれはどうなんだ・・・あんなんアリか?』
と盛り上がったのを思い出します。
映画だけしか観ていないと、かなり『はあ!?』な結末なので言えません(笑)。
鈴木氏は最初からこの構想だったのか?だとしたら映画化はどうだったんだろう・・・。
エス・・・読みたいけどまだ新着にないなあ。まあ入るでしょうから買いませんよ、文庫になるまで。

まだ本のことを書きたい気分なのですが、風邪ひいてまして(気温差が激しいともたないんです)
頭痛がしてきたので、今日はここまで。
ますます読めないじゃないか。

13:46  comments(0) -
心がすさむ・・・
読んでる本のことをちらりと書くんですけど・・・。
あんまりにも気分が悪い本なので、最初に和む写真を。



ボケボケだけど、可愛いわ・・・。
昨日の地震のあと、珊瑚が怖がって鳴いてるのに、ココアは
『おかあさん、あそんでください』
とコレ持ってきました・・・アンタ、大物だよ。


今日はいい夫婦の日ですね〜。
11月22日・・・わんわんにゃんにゃんの日、の方が可愛い・・・。

今ですねぇ・・・いつものようにパラレル読書中でして、メインで読んでいるのが、
殺人鬼フジコの衝動なんですが・・・。いやもう・・・心が荒むわ・・・
以前読んだ、更年期少女と言う本の作家さん、真梨幸子さんの本なんですが、更年期少女も
すごかったけど、そんなもんじゃないです・・・。
実は読み始めたのを後悔しています。この本は、ちょっと・・・なんと申しましょうか、色んな意味で
『元気』な人でないと読んではいけませんね・・・。内容としてはまあ、子供の頃から不幸な女が
『バレなきゃいいのよ』と殺人を繰り返す話なんですが、描写が心と体に悪い
『告白』なんか可愛いもんです。衝撃的な、気分が悪くなる話を読みたい方は是非。
とっても・・・上手いんですよ。だからこそ、心と体を蝕まれる気がします。
癒やしのためにつるばら村のレストランを読んでます。
ほんわかして心が洗われるわ〜。つるばら村シリーズ、大好きなんです。
・・・我ながら、180度違う本を読んでるなあ。
フジコ・・・ため息をついて本を閉じてしまうので、なかなかすすみません・・・。

広島ブログ




賑やかです〜。詳細は店長んちでどうぞ♪
私は当日いるかどうか、今のところわかりません。




papaさんmamaさんの工房完成記念イベント。
papaさんとこに地図も出てましたね。
今日は地図も勝手にいただいてきましたよ。
コチラね→
 ←決して外観がミッキーのお家なわけじゃありませんし、papaさんmamaさんが
ミッキー&ミニーのコスプレでお迎えしてくれるわけでは・・・あったら面白いな・・・  
22:48  comments(2) -
1ヶ月か・・・

見事に1ヶ月ほったらかしでした。


えーっと・・・ほったらかしの間に、パソコンはしっかり2台ともネットにつながり、今までより早いです。
さくさくですが今まで使っていたキャノンのソフトをやめて、光ネクストについてるセキュリティソフトに
しましたが、やっぱり起ち上がりが遅い気がします。NOD軽くて優秀だからなあ・・・。

それから・・・なんかあったかな・・・。
引きこもり大好きで、ほぼ家から出ないので本読んだり、DVD観たりしてばかりです。
たまにデート(彼女が忙しいから、あんまりないんですけど。だんな母さん公認)くらい?
意外に思われるかも知れませんが、わたしゃ昔っから人付き合いなく、家にこもる子でした。
あっ、昨日白髪染めに行って来ました!はい、ババァな話ですみません。
自分で染めようとディオーサ(聖子ちゃんが好きだから)買ってきたんですが、結局近所の美容院。
協会に入ってないそうで、やたらと安いんですよ、ビックリ価格です。
んで、前髪もぱっつん、後ろもぱっつんの髪の伸びたお菊人形になってきました。
・・・お菊人形に白髪があったら、余計怖いなあ。
って、お菊人形って今でもあるのかなあ・・・あるだろうなあ・・・安置してるんだろうなあ・・・。

あとは・・・。
ああ、こども手当ね、こども手当!!
もらってる人は、うちのように子供が欲しくてもいなくて、給料の半分くらい年金と税金にもってかれて
扶養手当もスズメの涙・・・いっぱい税金払ってるのに、ちっとも還元されない(昔懐かしい、
地域振興券ももらえなかった)可哀想な人たちがいることを忘れないで下さい・・・
うちより年収が多い人に、こどもがいるってだけで、うちの税金まで使われるのは納得いかない・・・。
まあ、こども手当は一時だし、まだ未来あるこどもに使われるならマシ・・・。
いくら、うちの壁に体当たりしまくろうが、ボールを壁打ちしようが(たまに殺意が。怒鳴りたくなる)。
大体、年金だって、きっともらえないまま死ぬんだわ・・・と思うとバカバカしいったらありゃしない。
近所の憎たらしい年寄りのために払ってるのかと思うと、ますますバカらしい。
(ああ、これで子持ちとお年寄りに嫌われるわ、私。いいのいいの。)
自分自身がお年寄りの愚痴状態です。
更年期ね〜。

そう言えば『更年期少女』って本を読みました(リンク先はamazon)。
表紙が漫画家の松苗あけみさんで、amazonで表紙は見られますが・・・裏表紙が面白いのに。
あれ?・・・この本のこと、前に書いたような・・・でもまだ読んでなかったんです。
いや〜・・・怖かった・・・更年期のおばちゃん(自分だ)こえ〜
絶対男性作家には書けない世界観だなあ、と感心・・・。
朱川湊人さんでも読んで、心を洗いたい気分・・・でも今読んでるのは小池真理子さんの
間違われた女』。新装版で、元は昭和63年に発行された本。サイコサスペンス。
小池さんは、『恋』で直木賞を受賞するまでは、やれストーカーだ、ナルシストだと、イヤ〜な、
でも私の好きなジャンルの本を書かれてたんですが、すっかり、恋愛小説家になってしまった・・・。
この本も、相手が自分のことを愛していると思い込む、異常な男の話で・・・タイトル通り、
相手を間違えてるんですけどね・・・気持ち悪いの。
彼方の悪魔』も思い込み男の話だったけど、これは怖かったなあ・・・。セントポーリアが怖い。

あ、図書館で借りるのを2ヶ月待った東野圭吾さんの『真夏の方程式』も面白かったです。
容疑者Xの献身』には及びませんが。あれは、本当に良かった。原作も映画も。
ほんとはもっと不細工な人なはずなんだけど、堤さんの迫真の演技が良かった・・・涙
私には彼の気持ちがよーくわかるので、最後は『ああ〜!!』ってなるんですが・・・道義的には
あれが正しいんでしょうね・・・『最後の展開、彼は嬉しかったんじゃないか』って人もいますが、
私はそうは思いません・・・。まあ、ああならなきゃ、彼女は辛いでしょうが・・・。

わたし的には、東野さんは当たり外れが激しいんですが、ガリレオシリーズは面白いと思います。
福山雅治からOKが出れば、映画化しそうな感じ・・・。私は草薙(北村一輝さん)が目立つ
聖女の救済』を映画化して欲しいところですが・・・。
『聖女の救済』と言えば、なんで単行本が同時発売だった『ガリレオの苦悩』が文庫化されたのに、
『聖女の救済』はされないのか、ものすごく不満。

何やら、読書ブログめいている・・・。
ここは、『copain』の宣伝ブログなんですが お休み中ですから。
今は、『広島ブログ』も外れてる状態ですし。
『ブログを書きなさいよ』と何通かメールをいただいたりもして、ありがたい限りです。
いっそ、別人として読書、マニアックブログでも始めるかしら・・・。
別人ですから、もし始めてもここでは明かしませ〜ん
男になってるかも知れない(笑)。



17:40  comments(6) -
昨日やけで買った本
昨日の珊瑚とココアの美容院。
だんなが予約したんですが、3時からだったんですよ。
まあ、私が予約したならまず「3時」にはしない。場所、福山ですよ?
で、昨日連れて行ったらなんと終わりが7時だって言うじゃありませんか・・・。
「えー!!4時間!!どうしろって!!」
と、ぼやきましたよ。 
んで、まずだんなにぶつぶつ言われながらユニクロへ。
2号線沿いのユニクロ・・・いっつも駐車場がいっぱいで。
ユニクロの服を着ることがないだんなは、入りもしません。
私もね・・・背は低くてもサイズはXLだから着られるモノが限られるんで、あんまり行きません。
そしてねー・・・XLでもぴたっとしたTシャツは1枚では着られません・・・。
おなかぽっこり上島竜ちゃんな上、お尻も大きいので腰回りがそれはもうでかい。
正面から見るより、横から見るとよくわかります。かなりひどい。
なので・・・結局チュニックのように下が開いたTシャツ1枚・・・あと、夏用(パジャマになる予感)に
パイルワンピを買っただけ・・・。それにしても、ユニクロは年齢層が広いですねぇ。
・・・そんなにものすごくお安いわけじゃないし、みんな同じもん着ることになるのになあ。

その後は、フタバ図書アルティです。ここは中にタリーズもあるしお気に入りの場所。
(タリーズに、購入前の本を持ち込んでいいって言うのはやめた方がいいと思う・・・私はやらない)
でも昨日はものすごい人の上、あっちこっちで子供が聞き分けなく泣き叫ぶのが耐えられなかった。
最近の親って、なんで厳しく怒らないのかなあ・・・あんな状態の子供なら連れてくるな、と言うか、
オマエも来るな、と言ってやりたいです・・・本屋で騒ぐのはやめてくれ。

で。
そこで初めて私がデビューの頃から大ファンだったとある作家さんが、やっとこさ新刊を出したことを
知りました。あやー、本のチェックはマメにしてるつもりだったのにー。
売り切れで買えませんでした・・・しかもまだ増刷かかってないのか、かなり時間がかかりそう。
そこで、ヤケクソで買ったのがこちら。



これは、いつのまにか文庫になってたのを知ったので(去年の秋だし・・・情報遅れてるわ)。
それから、評判がいいので文庫になるのを待ってたんですが、『幽ブックス』だから無理か・・・と
あきらめてついに購入。



検索機で場所を見てから探したんですが、その場所をいくら探してもみつからない・・・。
なので、仕方なく店員さんに尋ねたのですが店員さんもみつけられない・・・。
店員さんがカウンターに帰ってきて、『表紙を見てからもう一回探します』とパソコンに向かう。
で、改めて探しに行って来て、やっとみつけて帰ってきてくれました。

赤=私 緑=店員さん

「ありがとうございます〜、どこにあったんですか?」
「なぜか○○さんの新刊のコーナーに・・・」
「ああ、なるほど。この人と○○さん、同じ人だもんね
「えっ!?」
「あっ!?知りませんでしたか!?」
「はい!!よくご存知ですね!!本お好きなんですね!!」

しまった・・・。やっちまったよ・・・
覆面作家をバラすなんて、やってはならないことですよ。 
これだからだんな母さんにいつも
『自分が知ってることをみんなが知ってると思うな』
とか
『オマエの常識は世間の非常識』
とかイヤミっぽく言われるんですよ・・・。
私自身は、自分はマニアックだと言う自覚はあるものの、物事をよく知ってる、とは思わないんです。
大体、今年になるまで「カフェモカ」がどんな飲み物が知らなかったくらいですから。
だから、「私が知ってるんだからこれは常識だろう」くらいに思ってしまうんですよ。
ところが、どうもそうとばかりも言えないらしいです。
そうね・・・まあ・・・偏ってるからね・・・。

ちなみに。
最初の本の作家さんと次の本の作家さんも同じ人(笑)。
これはまあ、マイナー作家さんだからいいか〜。
○○さんは著名な方(若いけど)ですからね。
でもこれって・・・amazon見ただけでもわかることなんですけどね・・・。
私、amazonオタクでもあるので〜。

ハイ、CMですよ〜。
提供は
papa238さん**mignon**さん柊印さんm・batacoさん



もうすぐですねぇ。行けたら是非行きたい・・・。

広島ブログ

オマケ。
今のお気に入りコミックス。



男子高校生って・・・(笑)。
1巻の帯、この写真だとよく見えませんが中学生の妹のスカートを穿いて、ブラジャーをつけてます。
で、その現場を妹に発見された・・・と(笑)。
男子高校生って、本当にこんな馬鹿なんですか?
男子高校生にはなったことないからなあ・・・。

21:13  comments(2) -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
LINKS
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
COMMENT
OTHER
  • Log in
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Template by a dear friend
  • Material by アップルパイン
  • Material by ハガキくん家。
  • aranged by ひつじぐも


いらっしゃいませ