食べて寝て・・・ひきこもる
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
福岡の旅 その2
私としまこちゃんが、どうしようどうしようと物色している間にも、どんどんお客さまが集まってきて、
我々の後ろからもにょっきりと手が。
ただでさえ場所を取る私、後ろに下がりました。
・・・もう商品が見えません。お砂糖ちゃんのテンパっている姿。お手伝いをしてくれてるおともだちの
接客に慣れた笑顔、黒砂糖くんが電卓を叩く姿。
しまこちゃんは人の上から見ることが出来たでしょうが、本人曰く「内気」なので、手が出せない。
「○○はどこ〜」
とか焦っています(笑)。
その間にも、他のお客さまの絶賛の声、「可愛い〜♪」の笑顔。
幸せな気分になりました。 お砂糖ちゃん、よくこれだけ作ったな〜。ディスプレイも素敵。
がんばったねぇ・・・うっうっ。 

で、私としまこちゃんはとりあえず、忙しそうなお砂糖ちゃんを邪魔しないように、他のブースを
見てまわることにしました。
このフクオカクラフトマーケット、誰でも出せるイベントではありません。
出店するのに「審査」のある「プロを目指す人のための」とか銘打たれているイベントです。
さすがにどのブースも、かなりのクオリティの高さです。
布小物、皮小物、焼き物、ガラス製品、石けん、ビーズ作品、いろいろいろいろ。
お値段も高い方から、「えっ、これでいいの?」な方まで千差万別。
その中でも、私としまこちゃんの目を引いたのが、

rhinoéros

というお店でした。フランス語で「サイ」の事だそうです。サイはカッコイイから好きなんです、と
おっしゃる、独特の柔らかい雰囲気のお姉さんでした(おねえさんっても、私より年下だと思います)。
「紙物」を扱っていらっしゃる方で、東京の方でも活躍なさっているとか。
紙と糸、革、アンティークの布等を使って、メモ帳やノート、アルバム等を作っておられるのです。
どの作品にも「物語」があるのです。
中でも素敵だな〜、と思ったのが、「時々休もうね」の気持ちが込められたノート。
ぱらぱら〜っと、開くと、所々に薄いグリーンの紙が現れます。
とっても薄いので文字を書くのには向きません。
そのページが現れたら、「ちょっと野原で遊ぼうか。息抜きしよう?」の合図。
そんな感じで、空色のがあったり、夕暮れがあったり・・・。
お話を聞いているだけでも、世界観に引き込まれます。
しまこちゃんも相当惹かれたようで、質問攻めにしてました(笑)。
私が悩んで悩んで連れ帰ったのが、



こちら。 北欧のアンティークの生地を使ったアルバム。
これは飾ってあった物で、同じ生地を使った物がもうひとつあったのですが、わたしはこの柄に
どうしても惹かれてしまいました。



こんな風に写真立てとしても使えます。しかも、シートも増やせる。
しっかりした製本(全て、製本の技術が基本でした)でじっと見ているだけで嬉しくなります。
実は私、チロルの写真を常に持ち歩いています。
シートを買ってきて増やして、こちらのアルバムに入れ替えようと思っています。
持ち歩いてボロボロにならないように気をつけよう・・・。
ラッピングがこれまた素敵だったんですよ〜



こんな風に、油紙の袋に入れて下さって、rhinoérosの刻印入り革タグで止めて下さるのですが、
まあ、なんともセンスのいい・・・。そのおねえさんそのもの、な感じでした。
またどこかでお会いできるといいのですが・・・。

で、その横に写ってる子たちも、他のお店から連れ帰りました。



眠ってる子羊ちゃんのブローチ。これまたアンティークのクリスマスカードを、樹脂で閉じこめた物。
樹脂大好きの私にはたまりません! 気泡がまたいい感じなのです。写真ではイマイチね・・・。
・・・他にも可愛いネックレスやらブレスレットやらあったのですが、しまこちゃんが
「これは、手首にはまらないねぇ。 ・・・これは首が絞まる・・・」
と、絶妙なツッコミを・・・ ま、まあね・・・確かに無理があったわ・・・ふんだ、もういい。

その後ろのお家。



可愛いのですよ〜。ひつじちゃんボタンつきのお家〜。
後ろにクリップがついていて、メモスタンドになるのです。
この方の木工がすごく可愛かったのですが、持って帰るのに大物はツライ。
なので、泣く泣く諦めました。

ご満悦で、お砂糖ちゃんブースに帰ると、そこには今回お会いしたかったもうひとりの方が!!
まるゆさんご登場です!!
ちっちゃくて細い(それだけは知ってた)彼女は、お買い物の真っ最中で、必死な顔(笑)。
「ちょ、ちょっと待ってね!」
とお金を払って商品を受け取って・・・お砂糖ちゃんも少しだけお店を離れて、感動の初対面です。

まるゆさんとお砂糖ちゃんは、ともに粘土スイーツ作家さん。
全くタイプは違うのですが、共通するのはリアルさ、丁寧さ、でしょうか。
私はずっと2人のファンで、2人は偶然福岡在住。
その2人にいっぺんに会えるなんて、私はなんてラッキーなんでしょう。
しまこちゃんも一緒になって、お土産交換会(笑)。まあ、出るわ出るわお土産の山。
まるゆさんはわざわざ、お砂糖ちゃん、しまこちゃん、さんぽ♪ちゃん、私の誕生石(スパイは私)を
入れたレジンストラップを作って来て下さったのですよ〜。 嬉しすぎます〜
このときはもう、お客さんもすごい人数だわ、みんな興奮してるわで、てんやわんやでした・・・。



ストラップはコチラ♪ 私の守り石、アベンチュリンです。綺麗〜。センス抜群〜。
amulette(お守り)の文字がオシャレ〜。さすがまるゆさんです。


大忙しのお砂糖ちゃんはブースに戻り、まるゆさん、一緒に来て下さったまるゆさんの彼、
しまこちゃん、私の4人は、会場から出て、まるゆさんのお土産、エクレアとロールケーキ
(ナイフ持参のまるゆさん・・・)を石(笑)に座っていただく。
不思議な物で、ブログやメールで「会話」してるので全然初めてな気がしません。
彼も、とっても穏やか〜な優しい方で、4人仲良くもぐもぐニコニコ。

そうこうしているうちに、「お腹が空いた」と言う話になり、やっぱり福岡に来たからにはラーメンが
食べたい、と言う私たちのために、2人が福岡の街を案内してくれました。
連れて行っていただいたラーメン屋さんは『一蘭』というお店。
他にも店舗があるらしいのですが、私たちが頂いた「釜だれとんこつラーメン」は、ここでしか
食べられないそうです・・・まるゆさんと、彼も、これは初めてだったのですよね?
さすが本場、並んでいる最中に用紙を渡されました。
葱が白ネギ、青ネギを選べたり、にんにくの量を選べたり、かたさももちろん、タレの量も。
まるゆさんの彼(考えてみたら、お名前をお聞きしなかったわ・・・。佐々木蔵之介と段田安則を
合わせたような感じ・・・?優しくてカッコイイです)が、
「ここはみんなで仲良く食べる店じゃないけどいい?」
とおっしゃったのですが、「全然いいですよ」と。
その時には、まだわかってなかったんですが、そういうことだったのね・・・と言うお店の作り。
上のリンクから行ってみて下さいね。 いくら替え玉しようが、他の人にバレません(笑)。
このラーメンがね〜、本当に本当に美味しくてね〜!!
私が今まで食べた豚骨ラーメンの中で・・・いや、ラーメン全部の中でも一番美味しかった!!
しかも、彼が奢ってくれたのですよ!! なんていいひとなんでしょう。
デブに親切にしておくと、なにかいいことがあ・・・無いかも知れませんが。
福岡でも、濃い方らしいですがすごく美味しく頂きました。ああ、思い出すと今も食べたい。
行ってこようかしら・・・嘘です。

歩いた福岡の街は大都会でした。高層マンションだらけでびっくりです。
中には高級ホテルのようなマンションもあって、止まってるのは外車だらけ。
たまたまホールに小学生の男の子がいるのが見えたのですが、私は
「あの子は大金持ちの子ねぇ・・・」
と呟いてしまいました。


気がつくと、もうイベント終わりの時間が近づいています(3時ね)。
お砂糖ちゃんのブースに帰ってみると、あらまあ、ものすごく商品が減っています!!
たくさん売れてる〜!! とまた盛り上がり。
もうひとり、お砂糖ちゃんのおともだちがいらしてたのですが、すぐにうちとける。
みんないい子ね〜。おばちゃん嬉しいわ〜。

結局、忙しかったお砂糖ちゃんとあんまり喋れなかったのは残念ですが、プロデューサーらしく、
「スカートに値札がついてる!」とか「その椅子に貼ってある値札を持って帰らんと計算合わんぞ」
とか、小姑のようにダメ出しをして、片付けの邪魔をしないようにお別れ・・・・。
確かに、あんまり話せなかったけど、なんだかね、いつもメールや電話してるし、二度と会えない
なんてことはない、と思っているので、「またね〜!!」っ感じでした。
今度は、こっちで会えるかな〜
お砂糖ちゃん、黒砂糖くん、おともだちの2人。本当にありがとう!!
楽しかった〜〜
やっぱ、一泊するんだったかな・・・。


で。
私としまこちゃんはタクシーをひろって帰るつもりだったのですが、なんとまるゆさんたちが
「駅まで車で送ってあげるよ」
と、神々しい発言を。
「いやいや、いくらなんでもそれは・・・」
とお断りしてみた(ポーズか?)のですが、すぐにありがたい言葉に飛び乗る私たち。
なんと、送り迎えつきですよ。 大名旅行です。
福岡には足を向けて寝ません(2回目)。

駅で捨てていってくれても良かったのに、いいひとの見本のようなカップルは、駅構内まで・・・。
一緒に、お土産を見たり、パンを買ったり(買ってもらったり)。
オススメのお土産ラーメンはどれですか?とか、ご当地キティちゃんを冷やかしたりとか、
賑やかに楽しく過ごしました。
落ちついてお茶でも、と思っていたんですが、どこへ行ってもすごい人で、いいひとの見本カップルは
我々の、落ち着き先(タリーズでやっと席をみつける・・・)を与えてくれて、去って行かれました。
福岡には足を向けて寝ません(3回目)。 本当に本当にありがとう。

ながっ!! 写真デカイし!!
その3に続きます。
本当に私も疲れてきました。
明日に・・・回しません!! 記憶が飛ばないうちに、書きますよ!!
着いてこなくていいから〜。 もう年寄りの備忘録になっています。


広島ブログ

クリックお願いいたします〜。いつもありがとうございます♪
14:57 イベント comments(2) -
スポンサーサイト
14:57 - - -
comment
まさに珍道中って感じです♪
私の知らない間に面白いことになってたんですね。
一蘭は初めて行くとびっくりのシステムですよね!
まるゆさんカップルは本当に優しくて素敵でした♪
ピンクのヒツジさんはひつじぐもさんのところに行ったんですね。
『rhinoéros』さん私も行きたかったです・・・。
結局ブースの外に出たのはあの時の一回きりでした・・・。
でも友達が出来る子だから助かりました。
30年近い付き合いですが昔からしっかり者だった・・・。
やっぱりダメな子にはしっかり者のお友達が出来るんですね♪
それでは第3部も楽しみにしてます♪

From. お砂糖 | 2010/11/02 3:51 PM
こんばんは〜、お砂糖ちゃん♪
一昨日は、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうね。
初めて目の前で「可愛い!!」の声を聞いて、どんどん旅立っていく我が子を
見るのは、感動だったでしょう?
ものすごい人気だったよね〜。いつみても、お砂糖ちゃんにアリさんが
たかってたもん。大人気で嬉しかったわ。
あ、そうだった。どれが誰だか(笑)メールしなくちゃね〜。

rhinoérosさんは素敵だったよ。
今回が初めてなんです、っておっしゃってたけど、またどこかで
お会いできるといいなあと思いました。
そうよね、お砂糖ちゃんも北欧テイスト好きだもんね。
きっと好きだと思うわ。
私ね〜、連絡先を書いてきたから、何かイベントとかあったら連絡くださるって。
福岡であったら、知らせるね!!

いいじゃん、しっかり者のおともだちがいれば任せておけば大丈夫!
黒砂糖くんも優しかったし、まるゆさんカップルはほんとに2人とも
「いいひと見本市」みたいに素敵だったね〜。
また福岡行きたい。
今度は一緒にラーメンかもつ鍋食べよう(笑)。
一蘭・・・おいしかったなあ・・・。
From. ひつじぐも | 2010/11/02 5:30 PM









S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE
LINKS
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
COMMENT
OTHER
いらっしゃいませ