食べて寝て・・・ひきこもる
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
早くやれ

昨日の記事で「目も当てられないほど不器用」、「尖端・刃物恐怖症」と書きましたが、
これだけは、手縫いをしなければ、と思う物があります。
布だけは遙か前から支度しているのですが、どうにも手が出ません。



その布はこれ。どちらもガーゼ生地で、左がひつじちゃん、右が林檎ちゃん。
どちらもお気に入りです。可愛い
これを使って作るのは夫婦2人分のお守り袋。
これまでにも、4枚ずつくらい縫ったかな・・・。
お風呂に入るとき以外は、常に身につけているので、すぐにボロボロになります。
ガーゼ地だと、素肌にあたっても擦れないし、気にならないから。
まっすぐ切って、まっすぐ縫って、紐を通すだけなので、ミシンを使えば私でも早いでしょう。
でもね・・・なんだか、これは手で縫わないとダメな気がするんですよね。
中に入る物が入る物なので(ここはまあ、ナイショね)。
今月中には縫いたいところです。
・・・でも、私はまだいいですが、うちのコワモテだんながこんな可愛い柄を身につけていると
思うと、ちょっと笑えます。





これまた昨日に引き続き、BLの話題です。
ここからは、BLに嫌悪感のある方、ホモフォビア、ゲイフォビア等、
同性愛を認められない方はお読みにならない方がよろしいかと。
そこらの下手な小説よりも、よっぽど深くていい話ですが、ダメな人はダメでしょうから。

やっと、この2冊を読み終えました〜。
夏に出版されてるのに(物語は冬から春の話ですが)今頃やっと読了です。
「交渉人は黙らない」「交渉人は疑わない」「交渉人は振り返る」に続く、交渉人シリーズの
4作目「交渉人は嵌められる」5作目「交渉人は諦めない」です。
初めての続き物です。上下巻って感じですが、上下同時刊行で良かった・・・下巻がまだ出てないと
したら、出版社に「早く出さんかい!!」と抗議の電話をするところです。

主人公は、芽吹と言う検事→弁護士→民間の交渉人(探偵と弁護士を組み合わせたような・・・)と
職業を変えて生きてきた30代の男。
その芽吹を高校生の時から好きだった、今はヤクザの若頭となった兵藤。
2人は紆余曲折あって、まあお付き合いをしているわけですよ(笑)。

この作者さんは「榎田尤利」さんという方で、BL以外に、ライトノベルも書いておられます。
とても文章力の高い作家さん。
ストーリーテラーで、人の内面を書くのも上手です。
BLの世界の作家さんは実に玉石混合ですが、榎田さんは確実に「玉」の方。
これまでのこのシリーズも、シリアスあり笑いありの絶妙さで面白かったのですが、
今回の2冊は・・・なんともキツイ話でした。

芽吹に暗い過去があることは、これまでにも何度か匂わされていたのですが、この巻で明らかに。
それが・・・ものすごく身につまされると言うか・・・。
テーマは「人を信じるというのはどういうことか」と言う感じ。
芽吹はとてもいい男です。正義感が強くて、優しい。でも・・・暗部は消せない。
何故だか、自分と重ねてしまいました。いや、私は芽吹のように立派なひとではありませんが、
「人を信じると言うこと」について、すごく被るところがありまして・・・。
「信じている」のか「信じようとしている」なのか・・・自分でも難しいですね。
だから、ひとの本当の気持ちなど、わかるはずかない、と思う。
自分の気持ちさえ、はっきりわからないんだから。
それでも「わかりたい」と想い続けることが大事だ、と思います。

うーん・・・万人に読んでいただきたいんですが、万人に勧めるわけにもいかず。
特に男性は嫌がるでしょうね・・・。
どうしても「ソコ」を避けて通れないので。

で、初心者向けを1冊紹介。



白泉社花丸文庫 小林典雅 『美男の達人』

これ、実は男性にオススメしたいのです。
BLと言うよりも、「いかにして女性にモテる男になるか」のHow to本のようです。
しかも「アレ」なシーンがないに等しいです。
いやもう、笑えて勉強になるので、是非たくさんの方に読んでいただきたい・・・。
「広島ブログ」に「BL」カテゴリを作ろうかしら・・・。


広島ブログ

クリックお願いいたします〜。いつもありがとうございます♪




10月16日の三原でのイベント、PFR Story.03 in ポポロです。
いつもお世話になってる方々が、たくさん出店されるんですよ〜。
そして、楽しそうな企画がいっぱいです。
copainは出店しませんが、私は遊びに行けたら行きたいな〜、と思っています。
会場である、ポポロのホワイエ、大好きな場所なんです。
あら、もう明後日・・・。
行けるかなあ、行きたいなあ・・・この日はコンサートの予定もあるんだよなあ・・・。

23:58  comments(10) -
ブックマーカーコレクション2010
そろそろシュシュを編もう〜、と思いつつ寝てしまう私です。
タオルケットとかガーゼケットを被って寝るのにいい季節になりましたよ。
・・・クーラーつけてるときは、クーラーをつけて寝ています、とか書いたような気がしますが。

読書の秋ですよ。
スポーツの秋、には縁がなく、食欲の秋、はマズイだろう私ですから。
読書なら問題ないはずです。・・・うん、問題ない・・・はず。
と言うことで!
今日はブックマーカーコレクション2010〜〜〜!! どんどんぱふぱふー。



今我が家にある、ブックマーカーちゃんたちです。
ん? 右端は・・・?



しまった、ミヤウさんのあんぱん耳かき(こしあんver.)でした。
・・・なにがしまった、だわざとらしい。
同じ場所に置いてあったので、ついつい一緒に撮ってしまいました。
でも、使おうと思えば、ブックマーカーとして使えなくもない。



左がマカロンちゃん。 右はいちごにホイップクリーム。小さな星もついています。



あ、またあんぱんが。ついつい(載せたいだけ)。
木製シリーズ。この前も紹介しましたね〜、とっても薄くて軽いです。



左から、アリスのトランプうさぎ、真ん中がウワサの焼き芋、右がちっちゃいドーナツ、苺
レジンにいちご柄の生地(紙?)と四つ葉のクローバー

どれも可愛いわ〜
なんだろう・・・どれも写真がひどい・・・影が・・・。コンデジを買うべきですか?

これから先も、増えていくことでしょう。 なんでもコレクターですから。
・・・切った爪とか、枝毛とかはコレクションしてませんよ?
何か、集めてる物ってありますか?
トカゲのしっぽとか、蝉の抜け殻とか、カエルの干物とか(猫か。でも猫が持って帰ったら褒めて)。


広島ブログ

クリックお願いいたします〜。いつもありがとうございます♪




fabric*BLUEさんでの移転1周年記念イベントです。
こちらのイベントで、さんぽ♪店長がドライフラワーアレンジのワークショップをさせていただきます。



私がついて行っても邪魔だと思うんですが、連れて行かれるみたいです。
よろしくお願いいたします。 今日は月曜日、イベントは金曜日ですね〜。
暑くもなく寒くもない、ちょうどいい天気だといいですねぇ。
23:47  comments(10) -
皆殺し
うーん・・・皆殺しがみつからん。
ああ、のっけから物騒な話ですみません。
「皆殺し」というのは『ひぐらしのく頃に』 の「皆殺し編」のことです。
『ひぐらしのく頃に」、ご存知でしょうか?(「」だけ赤いのはデフォルト。本物のタイトルが
こうなってるんです)

元はPCゲーム、それがマンガになり、原作者本人によるノベライズ、アニメになり、DSゲームやら
実写映画やらとメディアミックス展開。
しかも元がゲームらしく、「出題編」と「解答編」にわかれています。
私はゲームの方はやったことないですし、アニメも観ていません(ショッキングすぎて、放送が
中止になったところもあるそうですよ)。 基本的に・・・猟奇ホラーの範疇ですかね・・・。
可愛らしい、萌え系の絵なんですが中身はホラーです。 でも、「友情物」と言えなくもない。
○○編、○○編、と色々別れていて、それぞれがパラレルワールドになっています。
登場人物はほぼ同じですが、話の展開がかなり違います。
そして、出題編である○○編と、解答編である○○編でタイトルが違います。
例えば

  出題 「鬼隠し編」 → 解答 「罪滅ぼし編」
  出題 「綿流し編」 → 解答 「目明かし編」

と言う感じですね。
しかも、「できればこの順番で読んで下さい」というのが、出題→解答ではなくて、まず出題編を
全部読んでから、「解答編」を読んで、と言うことになってる。
つまり訳のわからないまま、パラレルワールドが続いていくのです。
しかも、出題編の最初は「鬼隠し編」なんですが、解答編の最初は「目明かし編」。
もう、複雑で「なんでやねん!!」と叫びたくなります。
そしてねー・・・。

原作者は同じですが、漫画化されるときには、漫画家さんが違っていたりして、同時に連載されたり
したもんだから、単行本がいっぺんに出る・・・。
その上、同じ原作者の『うみねこのく頃に』と言うお話もあり、それもまた、同時進行・・・。
そして、とある人物だけ、共通で『ひぐらし』にも『うみねこ』にもでていたり・・・。
うぎゃ〜〜〜〜!!となります・・・。
本屋さんで見かけて、新刊が出たんだかどうなんだかわからなくなるんです・・・。
今月も、「ひぐらし」「うみねこ」併せて4冊いっぺんに出てた(今日、本屋さんに行ったんです)。

家に帰ってから、「果たして全部あるのか?ダブってないか?」と調べてみたところ、
「皆殺し編」の3巻が見あたりません。 でも、amazonで確認したところ表紙を知っています。
家で見たことがあります。 と言うか、amazonで買った記録があります。
・・・・探すのがね、大変すぎてね・・・なにしろウチの「書庫」すごいことになってますから。
恥知らずにも写真を撮ってみました。



いちま〜い

         

         にま〜い

                 

                 さんま〜い

                          

よんま〜い・・・・・・・うわっ!! こわっ!! 目をそらし隊に入隊! 隊長に就任! 隊員募集!!

どうですか、ひどいでしょう。 これをどうやって片付けるんだ、私。
しかも、これだけじゃないんです。
あと、トリプルスライドの本棚が2棹、段ボール箱の中にはBLがいっぱい。
寝室にも山ほど積んであります。 ハードカバー、文庫、ノベルス、コミックス、種類はいろいろ。
とにかくまあ、積ん読本も山なんです。
特にBLは、出たときに買っておかないと、すぐに手に入らなくなるので、とりあえず買っとけ。
で、あとでゆっくり読め、なので溜まる溜まる。 前出のようなわけで中古も買いますし。
そして、本を読んでいても、いつの間にか気絶するようになったので、読み続けられない。
このままだと・・・困るんですよ、本当に。

でもね。
こんな私なんですが・・・本を人に片付けてもらうのはイヤ。 わがまま〜。
どうでもいいから棚に入れるだけなら簡単なんですよ。 今すぐにでもやろうと思えば出来ます。
ですが、それではダメ・・・ちゃんと分類しないとイヤ。
昔の私は、本当に本だけはちゃんと片付けていたんです。
それを散らかしまくるだんなに鉄拳制裁をしてました。
言い訳ですが、こんなにちらかってるのはだんなのせいも3分の1くらいはあります。
あやつは、あったところに片付けないんですよ・・・昔から。
本は増えまくる一方。 捨てるのは絶対嫌なタイプなので、いくらかは売った方がいいですね・・・。
さーて、片付くのは何年後でしょうか・・・すでに年単位計画の己が哀しく腹立たしい・・・


皆殺しにならないように、ぽちっとお願いいたします。
が。
また落ちてる見たいですね、広島ブログ。多いな〜。まともなアドミニストレーターはおらんのかいな。

広島ブログ

22:15  comments(8) -
犬占い・裏編
昨日、copain本店にて、「犬占い」の記事をご覧になって、早速占ってみた方。
その方々が、こちらも覗いてみて下さると良いのですが。

さんぽ♪店長が書いておりましたように、ネットでの「犬占い」と我々の見ていた本の「犬占い」には、
大きな違いがございます。
タイトルに「ネガティブ編」などとついています。



表紙に書いてありますね?
この占いには、ほめ言葉はいっさいありませんので、覚悟して読んでください。
真実です。
それはもう、辛辣です。
さんぽ♪店長は最も強力なのでは・・・と言う「土佐犬」です。 ま、ネットではあの程度。 
ですが、本では

穏やかに晴れていた空が一瞬のうちに真っ暗になり、台風がやってくる。
あなたはそんな台風のような人です。今の今まで楽しんでいたのに、理由もわからないまま
不機嫌になり、急に怒り出して八つ当たりをします。突然の台風に誰も傘を用意していないのと
同じで、あなたといっしょにいる人はずぶ濡れです。「これは大変だ!」と傘を買い、レインコートを
着こんだと思ったら、台風はすっかり通り過ぎています。そして台風対策をした人に対して
あなたは言うのです。「こんないい天気なのにレインコートなんて着てバッカじゃない?」と。
とにかく人を引っぱりまわすことにかけては天下一品のあなたですが、「引っぱり回されるほうが
悪いのよ」と反省のかけらもありません。自分中心に世の中がまわっているので、怒られても
「土佐の耳に念仏」です。
試しに、この女性に「あんたはおかしい!」と言ってみましょう。「そんなに私って魅力的?」という
見当違いの答えが返ってきますから。


ほらね、恐ろしいでしょう。 全編この調子です。
最後の方のページに、ほんのちょっぴりフォローがしてあるだけ・・・。
私は「サモエド」なわけですが、ネット上では

あなたはいつも張り切る頑張り屋です。負けず嫌いなので、どんなにつらくても弱音を吐くことが
ありません。ヒマだと落ち着かない性格なので、いつも忙しくしていたい人です。ちょっと頑張りすぎで、肩に力が入りすぎのところもあるでしょう。気が強く不器用なので、おかしいと思ったことは
黙っていられません。だから、人と衝突したり生意気に思われることもあるかもしれません。
でも人情に厚く、困っている人は放っておけない心優しい人です。

なーんて事が書いてあります。
「ヒマだと落ち着かない」ですと? じゃあ毎日落ち着かないじゃないですか。この辺はハズレです。
さて、本の方ではどうなってるか?

あなたはまじめで誠実な女性ですが、すべてにおいてしつこいタイプです。たとえばあなたがOLで
同僚何人かといっしょに、社長に夕食をごちそうになったとします。すると翌日、上司に
「部長、昨夜は社長にごちそうになりました。部長からも『部下がごちそうになりました』とお礼して
おいてください」と報告をします。
二日後、あなたは「部長。あの件、社長に言っていただけましたか?」と切り出します。
「あの件って何だっけ?」と部長は覚えていません。「ごちそうになったお礼の件です」
「ああ、あれね。まだ社長と会えてないんだ、今度言っておくよ」「お願いします」とあなたは
こだわります。このようなやり取りは、部長がちゃんと社長に話すまで続きます。あなたはきまじめ
ゆえに、しつこい性格になるのです。相手が「うるさい女だなあ」と思っても、まちがったことを
言っているわけではないので、あなたに反論できません。だからなおさらあなたとつきあうのは
疲れるのです。

どうですか、この違い(笑)。
しかし、不思議なことに、どちらも微妙に当たっている気がします。

さーて。
ネットの犬占いをやってみた方。
きっつい「裏」を知りたくないですか?
知りたい方は、特別サービス(サービスなのか?)です。
あらかじめ、ネットで犬占いをしてみた状態で、ここのコメント欄に「私は(僕は)○○でした。裏は?」
と、お尋ね下さい。 その際に、ブログをお持ちの方はブログのURLを入れておいて下さいませ。
私が、あなたのブログに出向いて、「裏」をコメント欄に書いて差し上げます。
ブログをお持ちでない方は、ここのコメント欄でお答えしますので、ご遠慮なく。
あ、男女で多少ちがいますので、性別もお願いいたします〜。

さあ、きっつい占いに耐えられる方、お待ちしております。 にやり。


広島ブログ

21:11  comments(29) -
絶対におすすめ、珠玉の作品
コレの前の記事。
普段「思想的なこと」や、「ネガティブなこと」 は、書かないように、と思っているので、
あれが一番上にあると、どうにも落ち着かない。
ので、無理矢理新しい記事を書きますね。
相変わらず、家から出ない私、しかも今日は「今年一番の暑さ」(って何回聞いたか)と聞いてたので
寝間着がわり(「寝間着」ですってよ、パジャマですよね。これだから「本当は50歳くらいなんじゃ?」
とか言われるんですよ)の甚平で、1日中過ごしていました。
佐川急便のにこやかなおじさんが、楽しみな荷物を持ってきて下さっても、甚平で出ましたよ。

おじさんが持ってきてくれた荷物は



この本1冊。
清水玲子さんの『秘密 トップ・シークレット』の8巻(リンク先はamazon。Noアフィリエイト)。
出てるって知らなかったんですよ! 一昨昨日まで!!
慌てて、携帯からamazonに注文したんですが、他の本を追加しないまま寝てしまって、
「しまった・・・送料取られる」と思ったら、今キャンペーン中で、1冊でも送料無料でした。
(通常は、1500円以上で送料無料です。今、bk1でも送料無料やってますよ)
この「秘密」、私が今、よしながふみさんの『大奥』と並んで楽しみにしている作品です。
あ、どっちも連載してるのは「Melody」ですね。 でも、雑誌は買ってない。

まあ、この表紙をご覧頂ければおわかりでしょうが、絵がずば抜けて上手い方です。
でもね・・・これまでの作品は、そんなにのめり込めなかったんですよ。
大体SF風味の作品をお描きになるんですが・・・タルい。
なんだか連載期間がやたら長くて、物語が中だるみする、ということが多くて。
でも、この『秘密』は8巻まで来ても、全く勢いが衰えません。
設定が秀逸、と言うこともありますが。
どんなお話か、7巻から引用させていただきますね。

  ”はじめに死体ありき──────”
  「第九」が「神の領域を蹂躙した捜査」と人々に忌み嫌われる理由はここにある
  「死体」が出るまでは「第九」の出る幕は一切ないが
  そこに死体が──────
  傷ついていない「脳」さえあれば死に神の如く本性を現し 驚異的な力で事件を解決していく
  「死者の記憶」──────
  「死者の見てきた世界」は総て捜査の対象となり公の場にひきずり出され
  MRIを前に秘密を隠し通すことは「想像主」の神でさえ不可能な所業に思われた

                                     ⓒ白泉社 清水玲子

これだけでは、なんのことやらわかりませんが、なんか興味をひきません?
「MRI」と言うのは、現在のMRIのことではありません。
この「秘密」は近未来の話でして、「第九」というのは警察の機構のひとつです。
そうですね・・・科捜研のもっと進んだやつ、と思って貰えばいいです。
死後間もない「脳」を機械にかけることによって、その人物の「見た」ことが再生されるのです。
音声はありませんし、その人物の「感情」まではわかりません。
ですが、例えば誰かに殺された人の脳をMRIで解析すれば、その人が「見た」犯人の
姿が現れる可能性は高いでしょう?
けれど、今現在でも問題になることの多い「個人情報保護」も何もあったもんじゃありません。
とは言っても「犯人」の脳をMRIで解析すれば、例えばそれまでに何人殺していても、
それが全部わかるわけです。 まさに神の領域、です。

当然、特殊な事件以外を扱うことはありませんから、どうしても凄惨な事件だらけになります。
なまじ絵が達者な方だけに、グロいところもあります。
ですが、ストーリーがすごい。
今までの清水さんの絵がきれいなだけ(失礼)の作品は何だったんだ、ってくらい。
ショッキングだったり、考えさせられたり、泣けたり(ひとつ、私にはたまらない話があります)。
1冊1冊がすごく分厚いんですが、それはその巻だけでストーリーが完結するからです。
途中、恋愛要素が入ってきて、「あー、これはこっからつまんなくなるかなー」と、
がっくりきていたのですが(私は恋愛物に興味がないし、清水さんは恋愛方向に行けば行くほど
つまらなくなる傾向にある・・・と私は思います)、そっちに走りそうもないし。

本当に、近来稀に見る面白い漫画です。
普段少女漫画に興味ない方、それどころか漫画自体に興味がない方でも、
きっと、引き込まれると思います。
・・・グロさはガマンしていただいて。
機会があれば、どころか無理矢理機会を作ってでも、漫画喫茶ででも、古本屋さんで立ち読み
でもいいですから、是非、読んでみて下さいね。
騙されたと思って!

・・・って、本当に騙されたらゴメンナサイ・・・好みって物がありますからね・・・。


広島ブログ




ついに明日ですよ〜。 copainは参加できないのですが、素敵なお店がいっぱいです。
batacoさん、AIKAさん、頑張って下さいね〜。
私も遊びに行きたかったですが、よく考えたら私は明日、クローバー鍼灸院さんの日でした〜。

23:34  comments(0) -
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
LINKS
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
ARCHIVE
COMMENT
OTHER
いらっしゃいませ